キャリアアップ助成金
【正社員化コース】
対象労働者・助成額の拡充

キャリアアップ助成金【正社員化コース】
対象労働者・助成額の拡充

キャリアアップ助成金とは

キャリアアップ助成金は、厚生労働省が実施している雇用関係助成金のうちのひとつです。有期雇用労働者やパートなどのいわゆる非正規型の雇用で働く労働者の処遇や雇用を改善するための取組みに対し助成が行われ、雇用改善の取組みごとに複数のコースが用意されています。このうち、キャリアアップ助成金【正社員化コース】では、非正規型の雇用で働く労働者を正社員(多様な正社員含む)に転換することによって雇用を安定させる事業主に対して助成されます。

2023.11.29以降に正社員転換した場合に適用される新ルール

2023.11.29以降に正社員転換した場合に適用される新ルール

【拡充1】
1人あたり助成額の見直し

2023.11.29以降に正社員化した対象労働者についての助成額は、80万円(1人あたりの助成額。大企業は60万円)に拡充されます。下記の金額は、有期雇用労働者を正社員化した場合の助成額であり、パート勤務者などの無期雇用労働者を正社員化する場合の助成額はその半額です。

【拡充2】
対象労働者の要件緩和

対象労働者の要件のひとつに『一定期間以上にわたり正社員と異なる雇用区分の就業規則が適用されている有期雇用労働者や無期雇用労働者であること』という要件があります。2023.11.29以降に正社員転換する場合は、雇用期間の上限がなくなり「6ヶ月以上」となりました。

【拡充3】
正社員転換制度に関する加算

事業主の要件のひとつに『就業規則に定めた転換制度に従い必要な手続きを行い、対象労働者を正社員化したこと』という要件があります。雇用の安定化を後押しする国の施策のひとつとして、新たに設けた転換制度により、2023.11.29以降に正社員化する労働者が生じたときには、助成額の加算対象となることが定められています。

【拡充4】
多様な正社員制度に関する加算

事業主の要件のひとつに、有期雇用労働者や無期雇用労働者を『正規雇用労働者等に転換したという要件があります。この『正規雇用労働者等』には、職務限定正社員、短時間正社員、勤務地限定正社員といった多様な正社員が含まれます。多様な正社員への転換制度を新たに設け、2023.11.29以降に各雇用区分に転換する労働者が生じたときには、助成額の加算対象となることが定められています。

【拡充1】1人あたり助成額の見直し

2023.11.29以降に正社員化した対象労働者についての助成額は、80万円(1人あたりの助成額。大企業は60万円)に拡充されます。下記の金額は、有期雇用労働者を正社員化した場合の助成額であり、パート勤務者などの無期雇用労働者を正社員化する場合の助成額はその半額です。

厚生労働省:キャリアアップ助成金「正社員化コース」を拡充しました!より

【拡充2】対象労働者の要件緩和

対象労働者の要件のひとつに『一定期間以上にわたり正社員と異なる雇用区分の就業規則が適用されている有期雇用労働者や無期雇用労働者であること』という要件があります。2023.11.29以降に正社員転換する場合は、雇用期間の上限がなくなり「6ヶ月以上」となりました。
厚生労働省:キャリアアップ助成金「正社員化コース」を拡充しました!より

【拡充3】正社員転換制度の規定に関する加算

事業主の要件のひとつに『就業規則に定めた転換制度に従い必要な手続きを行い、対象労働者を正社員化したこと』という要件があります。雇用の安定化を後押しする国の施策のひとつとして、新たに設けた転換制度により、2023.11.29以降に正社員化する労働者が生じたときには、助成額の加算対象となることが定められています。
厚生労働省:キャリアアップ助成金「正社員化コース」を拡充しました!より

【拡充4】多様な正社員制度に関する加算

事業主の要件のひとつに、有期雇用労働者や無期雇用労働者を『正規雇用労働者等に転換したという要件があります。この『正規雇用労働者等』には、職務限定正社員、短時間正社員、勤務地限定正社員といった多様な正社員が含まれます。多様な正社員への転換制度を新たに設け、2023.11.29以降に各雇用区分に転換する労働者が生じたときには、助成額の加算対象となることが定められています。
厚生労働省:キャリアアップ助成金「正社員化コース」を拡充しました!より

キャリアアップ助成金のご留意事項

各助成金には、対象となる労働者や事業主、職場や労働者についての取組内容、労働者の待遇など様々な要件が定められています。事業主から提出された助成金申請書類は、各都道府県労働局で審査され、就業規則や転換規程に定められている内容、雇用契約、賃金台帳、出勤簿、シフト表などの諸々の提出書類から支給要件を満たしているか確認が行われます。
自社で申請する企業様は、上記のほかにも厚生労働省が発表している支給要領を確認してお取組下さい。

自社は助成金を申請することができるだろうかとお考えの企業様や、これまでに助成金に取り組んだことがないという企業様には、労務管理のアドバイスや必要な体制整備のアドバイスも行わせていただいておりますので、是非お問合せ下さい。

キャリアアップ助成金のご留意事項

各助成金には、対象となる労働者や事業主、職場や労働者についての取組内容、労働者の待遇など様々な要件が定められています。助成金の申請書類は、各都道府県労働局で、就業規則や転換規程に定められている内容、雇用契約、賃金台帳、出勤簿、シフト表などの諸々の提出書類から支給要件を満たしているか等の確認が行われます。自社で申請する企業様は、上記のほかにも厚生労働省が発表している支給要領を確認してお取組下さい。

自社では助成金を申請することができるだろうかとお考えの企業様や、これまでに助成金に取り組んだことがないという企業様には、労務管理のアドバイスや必要な体制整備のアドバイスも行わせていただいておりますので、是非お問合せ下さい。

お気軽にお問合せ下さい

経営者・人事責任者の方
からのお問合せ

お気軽にお問合せ下さい
経営者人事責任者からのお問合せ

〒802-0971
福岡県北九州市小倉南区守恒本町2-1-28
 TEL  093-555-7170

サービス案内
ニュース&トピックス
HPプライバシーポリシー

©2024 エスマイル社会保険労務士事務所

〒802-0971 北九州市小倉南区守恒本町2-1-28
【TEL】093-555-7170
【営業時間】9:00~18:00(土日祝休み)

>> プライバシーポリシー

©2024 エスマイル社会保険労務士事務所